MENU

米国高配当ETFの種類と買い方・売り方

米国高配当ETFを買おうと思っているけど、実際どのETFを買ったら良いか迷っている。

F君

この記事では実際にFIREをしている私が、米国高配当ETFの選び方と買い方を説明していきます。

※これから継続的に米国高配当ETFを購入しようと思っている方はブックマークで保存し、忘れたら何度も見直してください。

この記事で分かること

自分に合う高配当ETFの種類と買い方・売り方

構成の異なる高配当ETFが多数存在しているので、いくつか紹介します。

高配当ETFなので、どれを買ってもそんなに変わりはありません。為替や買うタイミングで大きく変わってくる商品だと思っています。

あわせて読みたい
サイドFIREを実現させる具体的な3ステップ だれもが自分の人生や将来について考えたことがあるとおもいます。 そこまで不自由ではないけど、このまま仕事ばかりでいいだろうか。もっと好きなことをして生きたい。...
目次

米国高配当ETFとは

ETF

Exchange Tranded Fundsの略で別名「上場投資信託」とも呼ばれます。特に覚える必要はありませんが一応ETFの説明は書いておきます。

米国高配当ETFは、配当を多く出す企業の株式で構成されている米国の上場投資信託のことを言います。

複数の高配当を出す企業の株をまとめてセットにしたような商品という感覚で理解しておいてください。

米国株を買うのに適した証券会社はこちらの記事に書いています。

あわせて読みたい
第二章:考える前にすぐネット証券口座を開設しろ 前回の記事(第一章)では、株式投資の具体的な始め方や続け方に関する心構えというか、僕なりの人生観を踏まえた考え方を書いていきました。 この記事から読んで頂いて...

米国高配当ETFの種類

  • SPYD(SPDRポートフォリオ・S&P500高配当株式ETF)
  • HDV(シェアーズコア・米国高配当ETF)
  • VYM(バンガード・米国高配当ETF)
  • QYLD(グローバルX NASDAQ100・カバード・コール ETF)
  • PFF(iシェアーズ優先株式&インカム証券ETF)

それぞれの米国高配当ETFの特徴と買うタイミング

高配当ETFとインデックス投資の商品との違いはキャピタルゲイン狙いかインカムゲイン狙いかの違いです。

キャピタルゲインは値上り益を狙い、インカムゲインは配当益を狙います。

インデックス投資の場合はドルコスト平均法を用いることで、買うタイミングは全く関係なく最低10年~15年の月日を味方にし、毎月同じ金額を買い続け、リスクを極限まで減らしリターンを最大まで狙えます。

しかし、高配当ETFの場合は商品自体の値上がりがそんなに見込めないので買うタイミングがとても重要になります。

なので、それぞれの買うタイミングを簡単に説明していきます。

SPYD(SPDRポートフォリオ・S&P500高配当株式ETF)

SPYDはS&P500採用銘柄のうち、高配当銘柄80種を均等に組み入れている商品です。

現時点での上位組み入れ10銘柄は以下のようになっています。

銘柄名ティッカーシンボル保有比率業種
Chevron CorporationCVX1.369936エネルギー
Exxon Mobil CorporationXOM1.342535エネルギー
Edison InternationalEIX1.332701公益事業
Public Service Enterprise Group IncPEG1.317855公益事業
Franklin Resources Inc.BEN1.308572金融
Consolidated Edison Inc.ED1.295177公益事業
FirstEnergy Corp.FE1.293562公益事業
Southern CompanySO1.289077公益事業
3M CompanyMMM1.288089資本財・サービス
Valero Energy CorporationVLO1.284394エネルギー
State Street社サイトより作成(2022年8月2日現在)

SPYDの資産構成は以下の通りになっています。

State Street社サイトより作成(2022年8月2日現在)

景気に左右されやすい業種なので、米国株の調子が良くない年には影響を受けやすいと思うので価格は上がりにくいと思いまうす。

SPYDの価格推移は以下の通りです。

Google Financeより

価格の推移を見ていると、2021年~2022年の間では約38ドル~45ドルの価格を行ったり来たりしています。

コロナショック時には25ドルを下回っていますが、さすがに歴史的な暴落が無い限りそこまで下がらないとしても、40ドルを割るくらいで買っていくのが良いかと思いますね。

SPYDを買うタイミング

40ドルを下回った時。為替は気にしない。

※為替を気にしない理由は最後にまとめて説明します。

SPYDを売るタイミング

45ドルを上回った時。

長期目線でうっすらと右肩上がりとはいえ、価格の上昇は見込めないのでキャピタルも欲しい人は40ドルを下回った買い、45ドルを上回った時に売る。

これを繰り返すことでキャピタルを作り出せます。チャートの歴史を見ても5ドルの幅を行ったり来たりしているので十分狙えます。

HDV(シェアーズコア・米国高配当ETF)

財務健全性が高く持続的に平均以上の配当を支払うことのできる、質の高い米国企業を集めた商品です。

現時点での上位組み入れ10銘柄は以下のようになっています。

銘柄ティッカーシンボル保有比率(%)業種
EXXON MOBIL CORPXOM7.59エネルギー
JOHNSON & JOHNSONJNJ6.44ヘルスケア
CHEVRON CORPCVX5.44エネルギー
VERIZON COMMUNICATIONS INCVZ5.29通信
ABBVIE INCABBV5.27ヘルスケア
PHILIP MORRIS INTERNATIONAL INCPM4.00生活必需品
COCA-COLAKO3.84生活必需品
MERCK & CO INCMRK3.83ヘルスケア
CISCO SYSTEMS INCCSCO3.56情報技術
BROADCOM INCAVGO3.53情報技術
BlackRockより作成(2022年8月2日)

HDVの資産構成は以下のようになっています。

BlackRockより作成(2022年8月2日)

景気に左右されにくい業種で構成されているので商品自体売られにくく価格を見ても

HDVの価格推移は以下の通りです。

Google Financeより

HDVの価格は右肩上がりに上がっています。

高配当ETFなのに価格も上がる素晴らしい商品だと思います。

ここ2年程では85ドル~110ドルを推移していますが、基本右肩上がりなので愚直に毎月一定金額で買い続けても良い商品だと思いますが、ポイントを絞って買うとしたら90ドルを下回った時かなと。

HDVを買うタイミング

90ドルを下回った時。為替は気にしない。

※為替を気にしない理由は最後にまとめて説明します。

VYM(バンガード・米国高配当ETF)

高配当利回り銘柄で構成された、時価総額加重平均型の株価指数です。

REITを除く、時価総額の大きい高配当銘柄の米国株400社ほどで構成されています。

現時点での上位組み入れ10銘柄は以下のようになっています。

ホールディングスティッカーシンボル保有比率(%)
ジョンソン&ジョンソンJNJ3.48%
エクソンモービル社XOM2.69%
プロクター・アンド・ギャンブル社PG2.56%
JPモルガン・チェース・アンド・カンパニーJPM2.45%
ファイザー社PFE2.21%
シェブロン社CVX2.12%
ホームデポ株式会社HD2.11%
イーライリリー&カンパニーLLY
2.04%
アッヴィ株式会社ABBV2.02%
コカ・コーラ社KO1.83%
Vanguardより作成(2022年8月2日)

VYMの資産構成は以下のようになっています。

Vanguardより作成(2022年8月2日)

多種多様業種と400社ほどで構成されているので、このETFを買うことでざっくりと分散投資も勝手にしてくれます。

VYMの価格推移は以下の通りです。

Google Financeより

HDV同様にVYMも右肩上がりなので、タイミングを見計らって購入しなくても、定期的に買い付けを続けているだけで資産は膨らむ商品ですね。とても優れていると思います。

しかし、どうしてもタイミングを見計らってと思うなら、ここ2年程では100ドル~115ドルあたりを行ったり来たりしているので、100ドルを切ったら買い付けですね。

VYMを買うタイミング

100ドルを下回った時。為替は気にしない。

※為替を気にしない理由は最後にまとめて説明します。

QYLD(グローバルX NASDAQ100・カバード・コール ETF)

今回紹介しているETFの中で一番複雑な内容で利益を出すETFです。

簡単に説明すると「買う・売る」の権利の売買で利益を出す商品です。なので構成銘柄の価格が上がったからといって、まるまるその分の利益が価格に反映されるわけではありません。

現時点での上位組み入れ10銘柄は以下のようになっています。

銘柄名ティッカーシンボル保有比率(%)
APPLE INCAAPL14.50
MICROSOFT CORPMSFT11.57
AMAZON.COM INCAMZN7.57
TESLA INCTSLA5.09
ALPHABET INC-CL CGOOG4.03
ALPHABET INC-CL AGOOGL3.86
NVIDIA CORPNVDA3.52
META PLATFORMS INCMETA3.01
PEPSICO INCPEP2.21
COSTCO WHOLESALE CORPCOST2.19
GLOBALより(2022年8月2日現在)

QYLDは権利の売買なので資産構成も特に関係ありません。

QYLDの価格推移は以下の通りです。

Google Financeより

先に紹介したSPYD・HDV・VYMと比べると買うタイミングは非常に難しいETFと思いますが、配当が基本10%を超える商品で、毎月配当が一番の魅力なので20ドルを下回っていたら買いで良いと思っています。

QYLDを買うタイミング

20ドルを下回った時。為替は気にしない

※為替を気にしない理由は最後にまとめて説明します。

QYLDを売るタイミング

21ドルを上回った時。

QYLDは基本的にキャピタルが見込めませんが、それでも18ドル~24ドル付近で何度も推移してるのが分かるので、買うタイミングはと売るタイミングを決めて売買を繰り返すと、配当もうまく貰いながらキャピタルゲインを自分で作り出せます。

PFF(iシェアーズ優先株式&インカム証券ETF)

SPYDやVYMに比べるとあまり聞き覚えのないETFだなと思われるかもしれませんが、QYLD同様に毎月配当型のETFです。

このETFも高配当の企業の株を495社集めた商品になります。

現時点での上位組み入れ10銘柄は以下のようになっています。

銘柄名ティッカーシンボル保有比率(%)業種
BROADCOM INCAVGO3.34資本財・サービス
WELLS FARGO & COMPANY SERIES LWFC1.85金融機関
NEXTERA ENERGY INCNEE1.30公益事業
DANAHER CORPORATIONDHR1.30資本財・サービス
BANK OF AMERICA CORPBAC1.27金融機関
CITIGROUP CAPITAL XIIIC1.22金融機関
NEXTERA ENERGY INCNEE1.05公益事業
JPMORGAN CHASE & COJPM0.98金融機関
NEXTERA ENERGY INCNEE0.92公益事業
JPMORGAN CHASE & COJPM0.86金融機関
BlackRockより作成(2022年8月2日)

PFFの資産構成は以下のようになっています。

BlackRockより作成(2022年8月2日)

金融業に60%以上も偏っていますので金融ショック時には大きく価格が下がります。なので、配当目的で持ち続けることが大きなカギになるでしょう。

PFFの価格推移は以下の通りです。

Google Financeより

ここ10年ほとんど横ばいで価格が推移しています。

なのでキャピタルは全く狙えません。買うタイミングは35ドルを下回ったらで良いと思います。

PFFを買うタイミング

35ドルを下回った時。基本買ったら売らない。為替は気にしない。

※為替を気にしない理由は最後にまとめて説明します。

それぞれの経費率と配当利回り

以下5つの高配当ETFを紹介しました。

  • SPYD(SPDRポートフォリオ・S&P500高配当株式ETF)
  • HDV(シェアーズコア・米国高配当ETF)
  • VYM(バンガード・米国高配当ETF)
  • QYLD(グローバルX NASDAQ100・カバード・コール ETF)
  • PFF(iシェアーズ優先株式&インカム証券ETF)

現時点での経費率と配当利回り(2022年8月2日現時点)はこちらです。

商品名経費率配当利回り配当月
SPYD(SPDRポートフォリオ・S&P500高配当株式ETF)0.07%3.7986%3.6.9.12
HDV(シェアーズコア・米国高配当ETF)0.08%3.0492%3.6.9.12
VYM(バンガード・米国高配当ETF)0.06%3.0100%3.6.9.12
QYLD(グローバルX NASDAQ100・カバード・コール ETF)0.60%11.6958%毎月
PFF(iシェアーズ優先株式&インカム証券ETF)0.45%4.6699%毎月
楽天証券調べより

SPYD・HDV・VYMの配当利回りは3%代ですが、キャピタルも狙える高配当ETFと考えると、利回りが低くても十分に投資対象としては優れています。

QYLD・PFFに関してはキャピタルはほとんど狙えませんが、高い配当利回りを受け取れるので経費率が高くても安定したインカムを毎月得られます。

どちらを選択するかは本人の好みになるので自分の生活にあった商品を選んでください。

F君

自分の年齢や現在の資産や収入によって買っていく商品は変わるよね。
20代~30代ならHDVやVYM。
40代以上ならSPYD・QYLD・PFFで良いと思うで。

為替は気にしない

今回紹介した高配当ETFは全て米国のETFなので当然為替の影響はあります。

しかし、為替の推移は株価の推移よりも分かりません。なので構えようがないんです。

Google Financeより

長い歴史を見ると1㌦270円の時代もありましたが、遠い昔話です。

ここ20年では2022年7月14日につけた、1ドル138.9785円が最大の円安となってます。米国株を買う場合はできるだけ円高で買いたいのは分かります。

ではこちらの図をご覧ください。

Google Financeより

ドル/円の推移が青色、黄色はVTIというETFのチャートの推移です。(VTIは米国4000社の指数に連動したETF)

円高で買いたいのは分かりますが、円高になってきたらETFの価格も上昇していっています。

つまり円安で米国株が安くなるのと変わらないんですよね。

ではこちらの図はどうでしょうか。

Google Financeより

赤い丸の部分はコロナショック時のドル/円とVTIの推移です。

1ドル105円程まで円高が加速し、米国市場を表すVTIの価格も115ドルまで下がりました。こういう時に買えればその後の為替でも儲かり、株価のキャピタルでも儲かるので2重で利益を出すことができます。

逆を言えば、こういった時しか為替を味方につけるのは難しいということです。

なので普段買うときに為替が気になるかもしれませんが、自分で決めたETFの価格だけ注目し、購入していきましょう。

税金

配当金には税金がかかります。日本株でも米国株でも関係なく税金はかかります。

しかし米国株の配当金は20%+10%。つまり合計30%程入金時に引かれてしまうので、確定申告で取り戻す必要があります。

あわせて読みたい
二重課税で損してませんか?払い過ぎの税金を取り返す方法 米国株の個別株やETFを買って配当金が入ってきたんだけど、計算した額と違う?と思っていませんか? 個別株やETF等を持っていてる場合、配当課税で取られた税金を取り戻...

まとめ

それぞれのETFには買うタイミングや売るタイミングがありました。

商品名買うタイミング売るタイミング
SPYD(SPDRポートフォリオ・S&P500高配当株式ETF)40ドルを下回った時45ドルを上回った時
HDV(シェアーズコア・米国高配当ETF)90ドルを下回った時基本売らない
VYM(バンガード・米国高配当ETF)100ドルを下回った時基本売らない
QYLD(グローバルX NASDAQ100・カバード・コール ETF)20ドルを下回った時21ドルを上回った時
PFF(iシェアーズ優先株式&インカム証券ETF)35ドルを下回った時基本売らない

しかし買うタイミングや売るタイミングは過去の実績を基に出した計算上の価格なだけで、実際これからタイミング良くそれぞれの価格になるかは不明です。

F君

高配当ETFは大好きな商品なので積極的に買ってるで。

ある程度元金が無いと納得する配当金は得られませんので、最初はインデックス投資でコツコツ積立て行くのも一つの手です。

興味のある方はこちらの記事をどうぞ。

あわせて読みたい
第一章:年収500万円の会社員でも十分に1億円は築ける 人生で1度は「億」という単位のお金に憧れたことはないでしょうか? ひと昔前まではテレビの特番でたまにお金持ちの方が出演されていて、世の中には"金持ち"っているん...

※こちらはYouTubeちゃんねるになります。動画で分かりやすく説明しているのでご覧ください。


にほんブログ村で応援して欲しいです。よろしくお願い致します。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

22歳から17年間ずっとサラリーマンとして働き続け、39歳でFIREしました。価値観は人それぞれですが、人として賞味期限のあるうちにやりたいことを好きなだけして生きていきたいと思ってます。米国株式投資でFIREしているので、株式投資のやり方や続け方をブログとYouTubeで配信しています。お金持ちではなく、小金持ちを目指す内容になっています。

コメント

コメントする

目次