何を買ったらいい?? お勧め「米国ETF」を5種類 紹介します

資産運用

皆さん こんにちは! F君です!

最近では YouTubeなどでも たくさん「株式投資」について

情報が提供されてますね

  • これから株式投資をはじめたい!
  • 投資はやっているが他の商品もしりたい
  • ETFに興味があるけど何を買ったらいいか分からない

今回のブログは特にこういった方に読んで頂きたいと思います。

「ETF」って何なん?

「ETF」とは ずばり 上場投資信託です。

は?って感じですかね?

簡単に言うと 投資信託なんですが、

「投資信託」と言う言葉のまえに「上場」とついたら

「ETF」になります。

「ETF」と「投資信託」の違い

ETF

  • 市場が開いている時 どのタイミングでも注文を入れる事が出来ます。
  • 成り行きの注文でも 指値注文でも大丈夫です
  • 年間の信託手数料が投資信託より低めのものが多いです
  • 配当金は支払われます
  • 買い付け手数料がかかります
  • 時価なので、最小金額が商品によって異なります

投資信託

  • 買うタイミングは注文を出した翌開場日の最終で決まります。
  • 年間の信託手数料はETFに比べると少し高めです
  • 配当金は支払われず投資信託の基準価格に反映されます。
  • 買い付け手数料がかかりますが、ノーロードといった手数料のかからない商品もかなり増えてます
  • 100円からスタートできます

「ETF」も「投資信託」も最近ではかなり良い商品が多いので、

ぶっちゃけた話しどちらでも良いですが、

「配当金」が欲しい方は「ETF」

をお勧めします。

私は個人的に配当金がメチャ好きなので「ETF」や個別株も買ってます

point①

ETFや投資信託の 手数料の目安

  • 買い付け手数料 基本無料を選ぶ(投資信託の場合) 
  • 信託手数料(1年間でかかる費用) 高くても絶対に0.3%以下

お勧め 米国ETF 5選

①DIA

ファンドの概要

SPDR ダウ工業株平均 ETF(SPDR Dow Jones Industrial Average ETF Trust)は、ユニット型投資信託であり、トラスト・ユニット或いはユニットと呼ばれる証券を発行する。同信託は、一般的にダウ・ジョーンズ工業株平均指数の価格・収益実績に連動する費用控除前の投資成果を提供することを追求する。ダウ・ジョーンズ工業株平均指数は、30の米国優良株の指数である。

楽天証券より
  • 「NYダウ」ってよく言われてる商品です
  • 日本でいうところの 日経平均株価のように平均株価を指数化してます
  • 構成銘柄は時流に合わせて入れ替えがあります
  • 株価の高い銘柄に影響されやすいです
  • 経費率は0.16%
  • 分配頻度は毎月です
  • 2021年6月14日時点の株価 344.3米ドル

②SPYD

ファンドの概要

SPDR ポートフォリオS&P 500 高配当株式ETF(SPDR Portfolio S&P 500 High Dividend ETF)は、S&P500高配当指数(同指数)のトータルリターン(経費控除前)のパフォーマンスに概ね連動する投資成果を上げることを目標とする。同指数は、配当利回りに基づき、S&P500指数の採用銘柄のうち配当支払い上位80銘柄のパフォーマンスを計測することを目標とする指数である。

楽天証券より
  • S&P500の中で、配当の良い上位80社をまとめたETFです
  • 構成銘柄は定期的に見直しされます
  • 経費率は0.07%
  • 分配頻度は年4回
  • 2021年6月14日時点の株価 42.03米ドル

③VOO

ファンド概要

バンガード・S&P 500 ETF(Vanguard 500 Index Fund ETF)は、総額が大きい米国株式を構成銘柄とするS&P 500指数(同インデックス)の投資パフォーマンスに連動する投資成果を目指す。同インデックスは、米国の主要業種を代表する大型株500銘柄で構成され、米国株式市場のパフォーマンスを表すベンチマークとして知られる。

楽天証券より
  • S&P500に連動するETF
  • 米国で時価総額の大きい500銘柄で構成される株価指数です
  • 構成銘柄は定期的に見直しされます
  • 時価総額を指数化していて、時価総額の大きな銘柄の影響を受けやすい特徴があります。
  • 経費率は0.03%
  • 分配頻度は年4回
  • 2021年6月14日時点の株価 391.07米ドル

④IVV

ファンド概要

iシェアーズ・コア S&P 500 ETF(iShares Core S&P 500 ETF)は上場投資信託。同ファンドはStandard & Poor’s 500 Index(同指数)に連動する投資成果を目指す。同指数は米国株式市場の大型株のパフォーマンスを反映する。同指数はすべての上場した米国株式証券の時価総額の約80%を含む。構成銘柄のウェイトは発行済み株式の浮動株調整後時価総額に基づいて加重される。同ファンドは、集合的に同指数に類似した投資プロファイルを持つ同指数に含まれた証券の代表サンプルに投資する。同ファンドは消費者の非循環、金融、エネルギー、テクノロジー、通信、産業、民生、循環、基本材料およびユーティリティなど分野に投資する。投資アドバイザーはBlackRock Fund Advisors (BFA)。

楽天証券より
  • S&P500に入っている大型株に連動したETF                                  (アップル・マイクロソフト・アマゾン・アルファベット 等)
  • 経費率は0.04%
  • 分配頻度は年4回
  • 2021年6月14日時点の株価 425.76米ドル

⑤HDV

ファンド概要

iシェアーズ コア米国高配当株 ETF(iShares Core High Dividend ETF)は、通常モーニングスター配当フォーカス指数(同指数)の価格と利回りパフォーマンスに連動した投資成果を目指す。同指数は、財務健全性が高く、同時に持続的に平均以上の配当を支払うことのできる、質の高い米国企業への投資機会を提供する。同指数は75銘柄で構成されており、投資家に配当を支払うことのできる資金余力(配当力)によってウェイト付けを行う。

楽天証券より
  • 米国株の中の75銘柄で構成されているETF
  • 平均以上の配当を出している質の高い企業が対象
  • 経費率は0.08%
  • 分配頻度は年4回
  • 2021年6月14日時点の株価 97.97米ドル

まとめ

お勧めできる「ETF」は、基本 S&P500に連動したETFが多いです

この中でも ②SPYD と ⑤HDV はお勧めですね

②SPYD

配当利回り 4.45%(2021年6月14日)

⑤HDV 

配当利回り 4.43%(2021年6月14日)

私自身が配当好きなので、どうしてもこの2択になってしまいます。

ただし、配当目的なので株価はそんなに上がりません。(長い目でみたら右肩上がりですが)

投資金の3倍とか4倍を狙いに行くような商品では無いという事です

最初に選ぶ時は色んなETFの中からどれにしたらいいか?と悩むと思いますが、

S&P500関連のETFを買っておけば大けがはしないと思います。

今回の内容は完全に私の独断と偏見で決めてますが、

良いなと思ったらぜひ買ってみてください

配当をもらって、自由な生活を手に入れよう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました