夫婦共働は早めにFIREできます!

資産運用

 結論から言うと

 夫婦共働きは確実にFIRE

(早期リタイア)できます!

当たり前の話ですがどちらかだけ働くよりも共働きの方が収入が上がるからです。

20代夫婦の場合 大体新卒の初任給(就職先にもよりますが)は厚生労働省の調査によると平均22万程(交通費込み)ですが、仮に結婚していると新卒でも夫婦合わせて月45万位の収入があります

年間にすると540万(ボーナス含みません)あるので税金が引かれて手取りは約400万程になります。

月に直すと約33万の手取りとなり固定費や生活費を二人で20万までに抑えたら(多く見積もってます)月13万も余ります!

手取りから考えると3分の1を貯金にまわせる! 素晴らしい事です!

ポイント①

その貯金の3分の2(8万)を年利5%で15年間毎月積み立てる!

その間 暴落が来ようが、暴騰がこようが焦らず機械的に淡々と同じ金額を積み立て続ける

そうすると15年間で元本は1500万ですが

複利の力で2100万以上になります

経験を積んで会社にとって重要な人物になっていくと、自然と給料も増えるし副業などで月5000円でも1万円でも増えるとその分確実に資産が増えていきます。

新卒から15年 経った37歳の時に新卒と同じ給料と言うのはあまり考えにくいので、最低でも2100万になりますね。

凄い!!

ちなみに毎年

毎月の積立金額を1万ずつ増やして 、 10年間同じ運用をするとトータルリターンは2200万になる。

2000万までの道のりが5年短縮ですね 。 32歳で資産2000万! しかもまだまだ働ける! いいじゃないですか!

30歳から毎月15万ずつ 年利5%で積み立てて 20年間運用すれば 50歳の時には6000万です。

共働きなら不可能な数字ではないです

お金に対する価値観は人それぞれで、無理に強要するものではありませんがバリバリ働ける年齢の時に心の余裕を持つとさらに仕事にもいい影響がでるし落ち着いて考える事もできる一つの要素にもなるのではないでしょうか? 

どちらか片方が家計を見直そうとして、削れるものを削ろうとしても、もう片方が思ってなかったらあまり意味がありません

夫婦共働きは毎日仕事にお互いが出てるので、電気代も水道代など余分な経費が掛かりにくいです。

F君
F君

私の経験上ですが

夫婦で共に働いて積み上げていったら何が良いかと言うと、どちらかのおかげではなく「二人の力」で作り上げているのでお互いを感謝し合えます。

一番大事な事

二人でお互いに積み上げていく、 協力して達成する何か」を決めて 毎日を過ごして行けたら きっと二人の仲も結婚前と変わりなく 向き合っていけると思います。

大事なのは二人の仲です。 本当に大切なのはお互いが感謝し合えるかです。

夫婦仲良くてまだまだ働けて少しお金にも余裕がある。楽しくなりますよね!

色んなやりたい事が出てきそう!!そんな毎日になるためにも積み立てを継続し、FIREの道のりを二人で登って行ってください。

本日最後まで読んで頂きありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました