【選択】お金持ちになりたいのか?小金持ちになりたいのか?

生き方

皆さんこんにちは F君です。

今回のタイトルはどちらかには覚悟が必要になってきます。みなさんはどうでしょうか?

お金に興味が無い人でもかまいません。F君もそうです。実際にお金にはあまり興味は無いです。しかし、生活をする上で不便なく暮らして行きたい気持ちは常にあります。

なので、お金に興味は無くても必要とします。

結論ですが、F君はサラリーマン時代に【小金持ち】を目指しました。

【お金持ち】と【小金持ち】

純金融資産保有額=預貯金、株式、債券、投資信託、一時払い生命保険や年金保険など、世帯として保有する金融資産の合計額から、負債を差し引いた金額

野村総合研究所より引用
出典:野村総合研究所

この表は野村総研が2000年から富裕層の調査を行っている定義になります。

↑の図を見ると【お金持ち】と呼ばれるようになるのは、純金融資産が1億以上にならないといけない訳で、【小金持ち】になるのは5000万以上1億未満で良い訳です。(準富裕層=小金持ち)

【お金持ち】になるには、投資でおもいきり当てるか。もしくは年収2000万クラスor起業するか でないと中々なる事はできません。

キャッシュで何千万か持っていても、たいていは負債を抱えています。たとえ5000万円持っていても家のローンが3500万円あると、純金融資産保有額はたった1500万円にしかなりません。

年収2000万円。簡単に手が届きそうですか?今勤めている会社の仕事内容が特殊でない限り無理ですよ。

F君
F君

【お金持ち】になるには基本、会社を立ち上げるしかないんですよね。

冒頭でお話ししたように【お金持ち】になるにはそれなりの覚悟が必要になってくると言う事です。覚悟とかしたくないって思いませんか?

小金持ちを目指そう

F君は20代の頃から【小金持ち】を目指してきました。

お金持ちを目指さなかった理由
  • 会社をする勇気がない
  • これと言った特技も無い
  • 自分がなるイメージが出来ない
  • 当時はお金が全くない

簡単に言うと、なれる気がしなかった。って感じです。自分の持っているお金とお金持ちが持っているお金がかけ離れ過ぎていてリアルにイメージもできなかったのを覚えています。

小金持ちを目指した理由
  • サラリーマンしながらでもなれる
  • なれるイメージが出来た
  • 人よりも少しリッチな生活がしたかった
  • 少しのお金の事で悩みたくなかった
  • 計算したらすでに小金持ちにはなっていた

【小金持ち】っていうのに全然抵抗が無く、「あ!これはなれる」と単純に計算して思ったのを覚えています。

出典:楽天証券

単純に20年間、投資価値のあるものに積立をしていけば、20年後には5000万位は手に入るな。って思いました。

現在F君は40歳で、39歳の時サラリーマンを辞めて、残り10年で完全にリタイアできるようにサイドFIRE生活をしながら運用を続けてます。

大きな覚悟がなくても【小金持ち】にはなれる。勿論毎日の生活で散財してたらできませんが、しっかりお金に向き合えば、そんなに苦労をする事無く【小金持ち】には到達するんです。

出典:野村総合研究所

↑このグラフは2000年から【小金持ち】以上の増減を表しています。

皆さんのお金は増えてますか?5000万円以上1億円未満を持っている日本人は増えて行ってるんですよね。増えて無い方は少しショックかもしれませんね。

これは「投資をしているor投資をしていない」この2点につきます。

この国のほとんどの方が、どこかしらに勤めてます。自身で起業している方は全体に比べると少ないです。

【お金持ち】に入るには少々覚悟が必要です。でも【小金持ち】ならサラリーマンで十分なれます。

積立投資を始めるには早ければ早い方がより得です。なぜなら複利の力を得るには時間が必要だからです。

【お金持ち】を目指す方を否定はしませんし、起業をする事はかなりお勧めします。しかし、F君の20代の時のように、今の自分をみてイメージできなかったり、そんな覚悟なんかしたく無いと思う方でも目指せるのは【小金持ち】。

【小金持ち】になってから【お金持ち】を目指してもいいんじゃないでしょうか?

フォローしてもらえると嬉しいです!

にほんブログ村 投資ブログへ
にほんブログ村 

コメント

タイトルとURLをコピーしました