サイドFIRE目指すなら必見!夢の配当金 日本の高配当株!まず100万あれば年間税抜きで4万円の配当所得が入る銘柄5選!

資産運用

長期保有は「米国株」だー!って今まで900万回位 言ってるF君ですが、米国株の配当金には2重課税がかかるので、確定申告で返金するのめんどっちいなぁと思っている方に朗報です!

日本株でもしっかりと高配当の株 ありますよ!

安心してください!!履いてますよ!

失礼しました。

日本株やったら2重課税取られないし、日本円で配当金を貰えるし、言う事無しや!

と言う事で、早速 日本の高配当株(配当利回り5%以上)を見て行きましょう!

日本株で配当金をもらうメリット

当たり前やけど2重課税にならない

日本円で振り込まれるので直ぐ日本で使える

F君
F君

配当利回りとは?

買った株の値段に対して 1年間でいくらの配当金をもらう事ができるか?を示す数値です。配当金額が同じだと、株を高く買えば配当利回りは下がりますし、安く変えれば配当利回りは逆に上がります。

JT(東証一部・2914)7月28日終値 2196.5円

言わずも知れた 日本を代表する高配当株の日本たばこ産業で、実は上場以来初めての「減配」に(ガーン)!予想配当利回りが7.1%から5.92%へ!しかし、もともとかなりの高配当株なので、5.92%もあればメチャクチャ高い配当利回りです。

業績動向
21年12月期第1四半期(1~3月)の連結業績(IFRS)は、売上収益が5,474億円(前年同期比5.3%増)、営業利益が1,601億円(同24.2%増)となった。調整後営業利益は1,781億円(同21.3%増)。渡航制限に伴う一部高単価市場での総需要の増加により、海外たばこ事業が営業利益を1,210億円(同34.9%増)に伸ばして全体をけん引した。
21年12月期の連結業績予想は、売上収益2兆800億円(同0.6%減)、営業利益3,630億円(同22.6%減)で据え置いている。(2021年5月25日更新)
SBI証券より引用
100万円あれば(7月28日時点)

年間で約47000円(税抜き)の配当金が入ります。

ソフトバンク(東証一部・9434)7月28日終値1456円

こちらも誰でも知ってる大企業ですね。配当利回り5.91%とかなり高配当です。

業績動向
21年3月期の連結業績(IFRS)は、売上高が前期比7.1%増の5兆2,055億円、営業利益が同6.5%増の9,708億円と増収増益で着地した。コンシューマ事業、法人事業、流通事業、ヤフー事業と全セグメントで増収となった。法人事業はテレワーク関連の商材需要の好調や、ヤフー事業でeコマースの取扱高が増加したことが寄与した。また、流通事業では、行政の大型プロジェクト受注が奏功した。利益面では全セグメントが増益となり、特に法人事業が大きく伸びた。
22年3月期連結業績予想は、売上高が前期比5.7%増の5兆5,000億円、営業利益が同0.4%増の9,750億円とした。(2021年6月25日更新)
SBI証券より引用
100万円あれば(7月28日時点)

年間で約47000円(税抜き)の配当金が入ります。

あおぞら銀行(東証一部・8304) 7月28日終値 2500円

旧日本債券信用銀行で、2001年にあおぞら銀行に行名し、2006年には普通銀行に転換。同年には東証一部に再上しました。1957年に設立された旧日本債権信用銀行から考えると2021年は設立してから64年目となる結構歴史ある銀行です。

配当利回りは5.12%。しかも企業は年に4回に分けて配当金を支払ってくれます。3ヵ月に1回は嬉しいですよね!

業績動向
21年3月期の連結業績は、経常収益1,558億円(前期比15.5%減)、経常利益390億円(同10.0%減)、純利益290億円(同3.0%増)だった。資金利益が順調だったことに加え、個人・法人関連の顧客ビジネスが第2四半期以降好調に推移。与信関連費用は不透明な経済環境を勘案し、保守的な引当を実施した。株式等関係損益は23億円の利益(前期は116億円の利益)、有価証券評価損益は前期比614億円改善した。
22年3月期の連結業績予想は、経常利益425億円(前期比9.0%増)、純利益300億円(同3.5%増)としている。(2021年5月21日更新)
SBI証券より引用
100万円あれば(7月28日時点)

年間で約40000円(税抜き)の配当金が入ります。

日本郵政(東証一部・6178) 7月28日終値 939.4円

これも言わずもがなですね。現在は総務省が所管する旧日本郵政公社です。配当利回りは5.32%。

業績動向
21年3月期の連結業績は、経常収益が11兆7,204億円(前期比1.9%減)、純利益が4,182億円(同13.5%減)となった。郵便事業会社の日本郵便が経常利益1,491億円(同11.3%減)、純利益534億円(同38.7%減)と苦戦し連結ベースで減収減益にとどまった。同事業は新型コロナウイルスの感染拡大の影響で普通郵便と国際郵便、年賀はがきの需要が低迷した。
22年3月期の業績予想は経常収益10兆6,000億円(前期比9.6%減)、純利益3,400億円(同18.7%減)とした。年間配当は前期と同額の50円を見込んでいる。(2021年6月8日更新)
SBI証券より引用
100万円あれば(7月28日時点)

年間で約42000円(税抜き)の配当金が入ります。

藤商事(東証JASDAQ・6257) 7月28日終値 913円

パチンコ・パチスロのメーカーですね。結構レアなスロットを作るイメージが個人的に強いです。

良く打ってた藤商事のスロット

アカギ 永続の闘牌   

失礼しました。配当利回りは5.48%。

100万円あれば(7月28日時点)

年間で約43000円(税抜き)の配当金が入ります。

まとめ:勿論この5銘柄以外にも日本には高配当株があります

今回はある程度有名どころを紹介しました。

高配当と言っても配当以上に値下がりすると、ちょっと嫌な気分になるかもしれませんが、一生持っておこう!と決めれば、毎年勝手に配当金を出してくれる企業はメッチャ有難いですよね。

サイドFIRE・もしくは完全FIREに向けて日々奮闘中の方には この配当利回りは結構重要です。資産を切り崩さなくても毎年お金を生んでくれる高配当株を持っていればかなり近づく事ができます。

F君自身は90%米国株ですが、米国株である程度ふやしたら全資産の40%は日本の高配当株を買おうと思っています。それはメリットに書いた通り、「日本円で振り込まれるから」です。

投資の方法に正解は無いけれど、FIREに一歩近づく為には日本株もチェックしてみると、面白いですよ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました