「iDeCo」って何?始めるにはどうやったら良いの?

資産運用

皆さんこんにちは! F君です!初心者でも出来る投資ブログを見て頂きありがとうございます!

これから投資を始めようかな?と考えている方や、これからの人生に対して、お金の不安のある方であれば、もうすでに何度か「iDeCo」と言うのを見たり、聞いたことがあると思います

iDeCoってよく見かけるけど一体何なの?

何かややこしかったら嫌だなぁ

こういう方に向けての内容です。

それでは本日も宜しくお願います。

iDeCoとはメチャ簡単に言うと「将来の自分に向けて積み立てる運用」  です。

え???それって積み立てNISAと同じじゃない???

ですよね!そう聞いたら同じと思いますよね。

運用益が非課税になる と言うのは同じなんですが…

説明していきますね!

iDeCoとは

iDeCo=個人型確定拠出年金の事ですが、漢字がややこしいので、特に覚えなくていいです。

自分で作っていくオリジナルの年金と思ってください。

  • 20歳以上60歳未満の日本国民全員が加入できます                       (企業型確定拠出年金に加入している方は、会社に一度聞いてみてください)
  • 毎月の積立額は立場によって上限が違います
  • 基本 原則として60歳になるまでiDeCoで積み立てた運用額は引き出せません
  • 立場によって毎月の積立て額が異なります
  • 運用によって60歳以降受け取る金額は異なります
iDeCoの年金受取までの流れを説明した図。自分で拠出:自分で設定したかけ金額を拠出して積み立てていきます。自分で運用:自分で選んだ運用商品(定期預金、保険商品、投資信託)の毎月の掛け金を運用し、老後の資金を準備します。年金受け取り:受取額は、拠出した合計額や運用成績によって、一人ひとり異なります。
掛け金が積立期間を経て運用益と掛け金が増えていき、60歳になったところで老齢恐給付金を受け取る、というイメージ図。
  • ※「元本確保型」の商品もありますが、投資信託等の商品の場合は元本を下回る可能性もあります。
  • ※受給開始年齢は、加入期間等に応じて決まります。

👆iDeCo公式サイトより

運用が上手くいけば、自分で貯めて増やした年金と、国からもらえる年金で老後がかなり楽しく暮らせそうだな

加入資格・掛金額についてもっと詳しく ☜(iDeCo公式サイトより)

ではなぜ「iDeCo」で運用した方がいいのか?

いやいや、言うても投資じゃないか!減る事もあるよね?危なくない?

はい!おっしゃる通りです。「元本確保型」の商品もありますが、投資信託を選んだ場合はもちろん価格の変動があるので、アンダーパフォームした場合は投資金額に対して減ります。

しかーし!皆さんは日本の年金制度の現状をご存じでしょうか?

良く言われているのは 日本の年金制度は3階建て。☜これ良く言われてるんです💦

1階は国民年金・・・(日本国民全員が加入)

2階は厚生年金・・・(会社員や公務員の方が加入)

3階は公的年金・・・(プラスの部分なので、今回のiDeCoはここになります

  • 国民年金の平均受給額:55000円
  • 厚生年金の平均受給額:145000円(国民年金込み)

👆これは平均なので、男女によっても異なります

厚生年金平均受給額

  • 男性 165000円
  • 女性 102000円

有難い事に、今のご時世 100歳までとわ言わなくても、90歳まで生きれる確率は

  • 男性 21.5%
  • 女性 46.6%

結婚してても男性の方が基本早く亡くなるし、女性はその時から一人になるから国民年金や厚生年金だけでは少なすぎるわね。

つまり、公的な年金だけでは楽しくは暮らして行けない可能性があるという事です。

なので、自分年金を作っておけば公的年金+自分年金(iDeCo)で足りない部分を補えます

だったらまだ、積み立てNISAの方がいいかな。iDeCoは途中で引き出せないみたいだしな。

確かにそれでも良いですね!

本当はiDeCoもNISAも両方やる方がメチャお得なんですけどね💦

でもね!iDeCoは年金の為に国が作った制度で、こんな特権があるんですよ!

①掛金が全額所得控除!

例えば、毎月の積立金額が10000円で、住民税と所得税がそれぞれ10%とした場合、年間で24000円 税金が軽減されるんです。

※所得控除の手続きについてもっと詳しく ☜(iDeCo公式サイトより)

これは確かにNISAには無い特権!実質お金戻ってくる感じやん!

これは大きいですね!

特にサラリーマンや公務員の方の手元に残る給料を増やすには控除額を上げるしかありません。

なので iDeCoは政府が決めたお得な自分年金なんです。

しかし、政府が決めたと言う事は今後益々 国民年金や厚生年金の金額が少なくなってくんでしょうね。だから政府もこういうメリットをつけて、「あとは自分で何とかしてくださいね~」って感じなんでしょう。

②受け取る時も大きな控除!

「iDeCo」は年金か一時金で、受取方法を選択することができます【金融機関によっては、年金と一時金を併用することもできます】

年金として受け取る場合は「公的年金等控除」、一時金の場合は「退職所得控除」の対象となります。

※ 税制については、国税庁HPをご参照ください。

おさらい

iDeCoの良い所

  • 積立金額が全額所得控除!
  • 運用益も非課税で再投資!
  • 受け取る時も大きな控除

メリットは理解できたけど、年金問題を少しは解消できるのかしら?

たとえば

  • 月2万円
  • 30歳~60歳の30年間積み立てし続けて
  • 年利6%で運用をしたら
  • 約2000万になります。(元本720万 運用収益1289万) 

※金融庁HP「資産運用シミュレーション」を利用してみてください

老後2000万円問題も解消できそうですね!

まとめ

必ずiDeCoをしないといけない訳ではありませんが、色々とメリットがあるのは理解して頂けたと思います。

しかし、どこまで行っても運用なので、積み立てて行った金額に対してのパフォーマンスが悪ければ減ってしまう可能性もあります。

iDeCoで運用する時もNISAで運用する時も商品選びには十分気をつけてくださいね。

証券会社を選ぶ時は「楽天証券」もしくは「SBI証券」を選んだ方がい良いと思います。

間違っても 銀行窓口や証券窓口には行かないようにしてください。

F君が進める投資は常に長期投資です。長期投資で毎月一定金額積み立てる事がリスクを最大限抑える事ができ、経済の発展を享受できる方法と考えてますので一度検討してみてはいかがでしょうか?

お勧めします!

本日もここまで読んで頂き ありがとうございます!

皆さんにとって 少しでも有益な情報になればと思ってます!

本当の自由を掴んで楽しく暮らして行きましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました